やはり畝があると修理痕が目につきます。

セーター

福山で洋服の総合的なサービスを提供しております、クリーニングのキングです。
3世代で受け継いでおられるセーター、大切にされていると、穴あきの相談をいただきました。
簡単リペアは、糸を繋いで編み直す「かけつぎ」とは違い、目につかない細い糸を使い、少しづつ目を寄せ、目立たなくするものです。
畝のない平面織りで、穴が小さければ、とても目立たなくできることもあります。
しかし今回のセーターのように、畝がある物は、目が寄ったのが畝が狂うことですぐに分かってしまいます。
なるべく畝が狂わないよう、とても慎重に作業しましたが、切れている糸を寄せ、穴を塞ぐのが第一目標ですから、やはり少し寄ってしまいました。